土浦市神立町の動物病院 かざまアニマルクリニック よくある猫の病気

よくある猫の病気
対応診療内容について
ワクチンについて
フィラリア予防について
ノミ・ダニの予防について
不妊手術(避妊/去勢)
よくある犬の病気
よくある猫の病気
トリミング
ペットホテル
里親募集
QR
プライバシーポリシー
アニコム損害保険
アイペットペット保険対応動物病院

猫泌尿器症候群(FUS)

おしっこの中に結晶などの砂粒状物質や結石(ストルバイト・シュウ酸カルシウムなど)が出来て、尿道が詰まったり、膀胱を傷つけたり、細菌感染する病気です。特にオス猫に多いといわれ、尿毒症を起こすと数日で死亡することもある恐ろしい病気です。

こんな症状が現れたら要注意

  • 頻繁にトイレに行くようになった
  • おしっこがなかなか出ない、もしくはチョロチョロとしか出ない
  • おしっこをあちこちでしてしまう
  • おしっこに血が混じるっている
  • 元気がない、食欲が減った、嘔吐がみられる
治療が遅れると慢性化することもあり、腎臓への影響の程度によっては命に関わることもあるので、気になる症状が現れたらすぐに受診しましょう。

猫泌尿器症候群の予防

新鮮な水をいつでも飲めるように用意し、適度な運動をさせるなど、日頃のケアが大切です。また、トイレはいつも清潔にしておしっこを我慢させないようにしましょう。 猫泌尿器症候群・尿路疾患対応(低マグネシウム)のフードを与えることも有効です。

ウィルス性呼吸器感染症

呼吸器にウイルスが感染することによって、咳や鼻汁などの風邪のような症状をもたらす病気です。猫風邪と呼ばれることもあります。症状が軽い場合は数日で回復が見られますが、重症な場合や仔猫の場合には、高熱や食欲不振により命に関わることもあります。

こんな症状が現れたら要注意

  • クシャミ、咳、よだれが出ている
  • 目やにが出ている
  • 舌や口の周辺に潰瘍がある
  • 発熱、食欲不振

ウイルス性呼吸器感染症の予防

ワクチンの接種により予防することができます。
免疫が不安定な仔猫の時期には感染源との接触を避けるために、他の猫と接触をしない、外に出さないようにすることも大切です。

ネコ型免疫不全感染症(FIV)

免疫不全を起こすウイルスが原因で起こる感染症で、猫の免疫機能を低下させ、様々な病気にかかりやすくなります。
急性の感染症ではないので、感染しても発病しない猫や、発病しても長生きする猫も多くいます。

こんな症状が現れたら要注意

  • 体重が減少した
  • リンパに腫れがある
  • 口の中が妙に臭い
  • 慢性的な口内炎がある
  • 慢性的に下痢や鼻炎、皮膚病がある

ネコ免疫不全ウイルス感染症の予防

日本には現在ワクチンはありません。猫同士のけんかによる噛み傷から感染する可能性が高い病気のため、外に出さないことがもっともよい方法です。けんか防止の為にも、去勢・避妊手術を受けておくことも効果的です。

肝リピドーシス(脂肪肝)

肝リピドーシス(脂肪肝)は、肝臓に過剰な脂肪がたまるために肝臓が正常に機能しなくなる病気です。特に太った猫に多く見られる傾向にあります。

こんな症状が現れたら要注意

  • 太った猫が数日間何も食べなくなった
  • 下痢、嘔吐をする
  • 黄疸(瞳のまわりの白目が黄色いなど)が見られる
  • 寝ている時間が多くなった

肝リピドーシスの予防

肝リピドーシスは、特に太った猫に発症しやすいため、日ごろから食生活に気をつけ、運動しやすい環境をつくり、肥満を防ぐことが大切です。また、肝臓の病気には特定の症状がほとんどなく、早期発見が難しいため、定期的に血液検査などの健康診断を受けるようにしましょう。