土浦市神立町の動物病院 かざまアニマルクリニック 狂犬病 ワクチンについて

ワクチンについて
対応診療内容について
ワクチンについて
フィラリア予防について
ノミ・ダニの予防について
不妊手術(避妊/去勢)
よくある犬の病気
よくある猫の病気
トリミング
ペットホテル
里親募集
QR
プライバシーポリシー
アニコム損害保険
アイペットペット保険対応動物病院

ワクチンについて

人間と同じように動物も伝染病から守るために、ワクチンを注射して免疫と呼ばれる抵抗力をつける必要があります。
現在、動物用ワクチン(犬、猫)では以下のようなワクチンが開発されています。

犬用ワクチン

  • 狂犬病
  • ジステンパー
  • パルボウイルス感染症
  • アデノウイルス2型感染症
  • 伝染性肝炎
  • パラインフルエンザ
  • コロナウイルス感染症
  • レプトスピラ病カニコーラ
  • レプトスピラ病イクテロヘモラジー

猫用ワクチン

  • ウイルス性鼻気管炎
  • 汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)
  • クラミジア感染症
  • カリシウイルス感染症
  • 白血病ウイルス感染症

狂犬病について

狂犬病は人畜共通の伝染病で、現在、狂犬病に対する治療法はなく、犬も人も発症すれば生存確率が極めて低い、恐ろしい病気です。
現在日本では、予防注射の徹底と厳重な検疫により、ほぼ撲滅に成功していますが、海外ではまだまだ発症率が高いところも多く、いつ侵入してくるかわかりません。
そのためにも検疫の強化とともに飼い犬全体の免疫保有率を常に高くしておくことが不可欠とされています。

狂犬病の予防

狂犬病は、犬だけの病気と思われている方も多いですが、人畜共通伝染病ですので、犬に限らずさまざまな動物により海外から狂犬病が入ってくる可能性も否定できません。日本では、狂犬病予防法により生後3ヶ月以上の犬は狂犬病の予防注射を受け、登録することが義務づけられています。
狂犬病の発生を防ぐために、毎年、必ず予防注射を接種するようにしましょう。