• 0298758954

    • アクセス

                 

    【診療時間】9:00~12:30/16:00~19:00
    ※受付時間は診療終了の15分前まで
    【休診日】水曜午後・日曜午後・祝日午後

STERILIZATION

避妊・去勢

病気を予防する避妊・去勢

避妊・去勢手術の目的は、単に子供を産ませなくする為ではありません。ペットの避妊・去勢手術の目的は「病気の予防」です。もし、子供を産ませる予定がなく手術を行っていないと、高齢になった時に、残った生殖器がホルモンの分泌異常を起したり、生殖器そのものが病気になってしまったりします。小さな「家族の一員」のためにも、是非ご家族で避妊・去勢手術について話し合ってください。詳しくは当院までお気軽にご連絡ください。

避妊・去勢の
メリット・デメリット

避妊手術(メスの場合)

メリット

  • 希望しない妊娠を防ぐ
  • 子宮蓄膿症や卵巣腫瘍など、卵巣や子宮の疾患を予防する
  • 乳腺腫瘍のリスクを下げる
  • 発情期の鳴き声や行動を穏やかにする

デメリット

  • 妊娠の可能性がなくなる
  • 全身麻酔をする際のリスクがある
  • 太りやすくなる

去勢手術(オスの場合)

メリット

  • 前立腺肥大や精巣腫瘍など、前立腺や精巣の疾患を防ぐ
  • 尿によるマーキングやスプレー行動を抑える
  • 攻撃性やテリトリー意識を抑える

デメリット

  • 繁殖の可能性がなくなる
  • 全身麻酔をする際のリスクがある
  • 太りやすくなる

避妊・去勢に適した時期

避妊も去勢も生後6ヶ月以降から、手術が可能です。生後6~7ヶ月で最初の発情がみられることが多いですが、発情する前に手術をすれば、メスは乳腺腫瘍のリスク低減、オスは尿によるマーキングやスプレー行動を抑えることができます。メスは発情期に入ってから避妊手術をすると、出血量が増える傾向があるので控えましょう。発情期後も手術は可能ですが、年齢が高いほど手術のリスクも上がるので、早い段階で手術をすることをおすすめします。

不妊手術の流れ

  • STEP01

    ご予約

    避妊去勢手術は、予約制で行っております。ワクチン接種を⾏っていない場合は予約をとる事ができませんので、⼿術前に必ず済ませて下さい。

  • STEP02

    当日の朝(ご来院前)

    ⼿術当⽇の朝は、絶⻝の上で出来るだけ排便・排尿を済ませてからお連れください。

  • STEP03

    ご来院

    来院されましたら、順番で診察室にお呼びします。健康状態を確認し、⼿術・麻酔のご説明をさせて頂き、お預かりとなります。

  • STEP04

    手術後のお迎え

    基本的には男の⼦は⽇帰りになりますので、午後の診察時間、⼥の⼦は⼀泊⼊院になりますので、翌⽇のお迎えとなります。

  • STEP05

    ご自宅でのお薬

    退院時にお薬をお渡しします。回数やタイミングなど指示どおりに飲ませてください。

ページトップへ戻る